タクシードライバーで転職失敗したと後悔しないために知るべきすぐ辞める人の特徴や理由6選

スポンサーリンク
タクシードライバーに転職

5年前にタクシードライバーになって、自分の後から入ってきた人がたくさんいましたが、続けられる人もいれば、すぐに辞めていく人もいます。

その違いはどこにあるのでしょうか?「タクシー運転手に転職して失敗した!」と後悔しないために、自身の経験からすぐ辞める人の特徴をまとめます。

この記事に書いてあること

✅「タクシードライバーに転職して、すぐ辞めていく人の特徴や理由」について解説しています。




 

タクシードライバーに転職して後悔する、すぐ辞める人の特徴や理由

今まで見てきた中での経験上、タクシードライバーに転職してすぐ辞める人は、いくつかの特徴が垣間見えます

金銭的なことから、性格や考え方、今までの職業感など様々です。

 

タクシーは稼げないから

タクシードライバーの多くは歩合制であり、自分が仕事をした分、つまりお客様を乗せて走った料金が売上となり給料になります。

よって、仕事をしないドライバーは収入が少なくなるのは当然ですが、考え方に問題のある方もいます。

 

タクシーで稼ぐための考え方がズレている

製造業などでは、出社して何かしらの仕事をすれば、時間が経過していき一日の労働時間に見合った対価として、給料が支払われて収入が得られます。

タクシードライバーは、自主的に考えて行動しなければ売上は上がりません。待機場所や勤務時間を予め固定されている場合は別ですが、フリー待機の場合、待機場所を選ぶのも、時と場合により考えなければなりません。

「自分で動いて稼ぐ」ということを意識していない方がたまにみえますが、単に時間が経過すればお金に変わる仕事ではありません。

会社からは「休憩時間は○時間しっかりと取りなさい」と指導はされますが、人が動く時間帯は無理をしてでも仕事をしないと、売上は上がりません。

このあたりの考え方がズレている方がいるのも事実です。

 

タクシーで稼げないため、見切りをつけて社内で他の仕事を求める

タクシー会社の形態は様々で、バス事業と同系列の会社だと、所持免許にもよりますがバスの仕事へ異動を求めたり、大手のタクシー会社では、大企業などの社長や重役クラスの専属送迎(ハイヤー事業)を委託されている会社もあります。

会社自体は辞めてはいませんが、そういった職種へ異動を希望して流れていく方もみえます。

このケースもある意味では、タクシー稼業を辞めているといってもいいでしょう。実際にこのような方は複数いました。

 

プライドが高い

タクシードライバーに転職してくる人は、年配の方が多いのと、様々な業種から転身される方がいるので、プライドが高い方もいます。実際にいた2人の事例を紹介します。

 

プライドが高いのか、挨拶ができない

入社して、一人で乗務する前にベテランドライバーの指導を受ける「横乗り」期間中から、同僚に挨拶回りをするのが当たり前ですが、特に50代以上の年配の方など、私のような年下や同年代の人に対しても、プライドが高いのかできない人もいます。

そして、班長に促されて遅ればせながら、挨拶に来るという事態になります。このような方は、まず数か月後にはいないです。

 

「タクシーは底辺の仕事」と言い放ち、プライドの高さを露呈する

以前、30代の元エリート職の方が2年程続けたのち、退職していったのですが、その方が入社してきたときから周囲に「こんな仕事は社会の底辺の仕事ですね」と、暴言を吐いていました。

一流大学を出て、あるエリート職に就いたものの挫折をして、この業界に流れてきたのですが、彼は辞めていくまで、この考え方は変わりませんでした。

確かにある意味で社会の底辺の仕事ですが、それをこの道何十年のベテランドライバーにも平気で言える神経も理解不能ですが、自分がそこまで落ちていることを認めようとせず、プライドだけが高くても辞めていく要因になります。




 

タクシードライバーがコミュ障で周囲から浮く

他の職種と異なり、タクシードライバーは車内で一人で過ごす時間が多いとは言え、周囲と最低限のコミュニケーションは必須です。

「稼ぐ」ことを意識しすぎるあまり、周囲から浮いた存在になる方もいます。

仕事をするのは結構ですが、社内のルールやマナー、モラルを守らなかったり、スピードの出し過ぎ、周囲と最低限のコミュニケーションを取らずに、自分さえ稼げれば人を出し抜いてでも、自分が自分が…、と周囲を無視して自分さえよければそれでいいという人が、ごく一部にいます。

実際にそのような方がみえましたが、このような方は自分から辞めずとも、周囲から辞めさせられるようにもっていかれたりするケースもあります。

ただ、繰り返しますが、最低限のコミュニケーションさえ取っていれば、他の職種と比較して、同僚同士の人間関係においては、悩まされることは少ないと思います。

 

タクシーは勤務がきつい

タクシー会社の勤務体系は様々で勤務時間が長いのは当然ですが、他社さんを見ていると、勤務がきつい、拘束時間が長い会社は出入りが激しく、入ってきては辞めていくの繰り返しに陥っているタクシー会社もあります。

そのような会社は、長続きしにくいです。

タクシードライバーの業務スケジュール | 一日の仕事の流れを解説
タクシードライバーは、出社して退社するまでどのような一日を過ごして仕事をしているのでしょうか?未経験者にはよくわからないのではないでしょうか?そこで今回は、「タクシードライバーの一日のスケジュール | 仕事の流れを解説」と題してまとめてみま...

 

タクシーはブラックな会社もある

例えば、社長がワンマン経営で「運転手など他に替わりはいくらでもいる。文句があるなら辞めろ」というような考え方の社長の場合、反発して辞めていく運転手もいます。

また逆に、会社や営業所がいい加減で、ずさんな運営をしていたりする場合、許容することができずに辞めていく方もいます。

実際にこのようなタクシー会社があるので、転職の際、会社選びは慎重に行いましょう。

 

タクシーは理不尽なトラブルや事故などで嫌になる

道を間違えた、意図せずとも遠回りしてしまった、失敗して怒られたなどで自信を喪失してしまい、辞めていく方もみえます。

タクシーで道を間違えたり遠回りした場合を解説!料金の支払いでクレームを回避する運転手の裏技
タクシー運転手になって、早5年が過ぎ、道を間違えることも少なくなりましたが、それでも行き先を聞いたときにお客様と意思の疎通ができておらず、道を間違えたりすることもあります。また、集中力がなくボーッとしていて、交差点を曲がらなければな...

夜間の酔っ払い

夜間の泥酔客や酔っ払い客は避けては通れませんが、理不尽に絡まれたり、最悪警察に介入してもらうようなトラブルを起こしたなど、時にはあるものです。

タクシーで嘔吐するとクリーニング代はいくら?お詫びのお金や賠償請求されるのか?
お酒を飲んだあと、タクシーに乗車した際に気分が悪くなったことはありませんか?忘年会シーズンでは、酔い潰れて、周囲の方が介抱している状況を時折見かけます。私は幸いにも嘔吐されて車内を汚されたことはありませんが、ビニール袋に吐か...

 

事故を起こす

運転手という職業上、事故はつきものです。軽微な事故から物損・人身事故までありますが、事故を起こすと落ち込みますが気にしていても仕方ありません。

タクシードライバーの事故は修理代が自腹?保険は適用されずに会社に自己負担させられるのか
タクシードライバーに転職をお考えの方で、乗務中に「万が一事故を起こした際に、車両の修理代はどうなるのか?」疑問に思う方もいるのではないでしょうか?毎日数十から数百キロメートルも走行するタクシーに、事故はつきものです。軽微な物...

 

まとめ:プライドの高さは、百害あって一利なし

タクシードライバーで転職失敗したと後悔しないために、知るべきすぐ辞める人の特徴や理由6選』について、私見として、6つの項目を挙げてみました。

1.稼げない
2.プライドが高い
3.コミュ障
4.勤務がきつい
5.ブラックな会社
6.理不尽なトラブルや事故

年齢が高い方や、前職で何かがあってタクシー業界に流れてくる方は、それなりの事情があって、常識性のあまりない方も一定数おり、性格や考え方などに問題がある場合は、辞めていかれることも多いです。

様々な事情でタクシー業界へ転職されてくる方がみえますが、「常識的な方」であれば続けることは可能ですが、特にプライドの高い方は、それを捨てないと続けることは難しいかもしれません

なぜなら、タクシーは接客業でもあるので仕方がないのですが、泥酔客やパワハラ同様の言動、高飛車な態度で振舞うお客さんも一定数存在し、プライドが高いと「なんで、こんな奴相手にしなければならないんだ」と許容ができなくなるからです。

ですが、他の職業と比べて、職場内で人間関係に悩むことは少ないですから、コミュニケーションは最低限でもOKです。

要らぬプライドさえ捨て去ることができれば、続けることは可能だと思います。

タクシードライバーから見た嫌な客や乗せたくない客まとめ!トラブルの対処方法についても
タクシーは、正当な理由がない限り乗車拒否ができません。お客さんを選ぶことができないので、時折、嫌な客や・悪質な客・困った客を乗せることがあります。一日乗務すると数十人のお客さんを乗せるため、これは避けて通れません。世の中いろんな人が...




コメント

タイトルとURLをコピーしました