タクシー会社の選び方!転職においてコロナウィルス感染対策を実施する会社が優良な理由

スポンサーリンク
タクシードライバーに転職

管理人の所属するタクシー会社にも新型コロナウィルスの対策として、いくつか業務命令として留意事項として通達が来ています。

  • 原則マスク着用
  • お客様乗車後の換気の徹底
  • アルコール消毒
  • 手洗い/うがい等の徹底

これらの通達事項は、視点を変えると「ドライバーに対して会社はどう考えているのか?」

という、転職を考える際のひとつの判断材料になるのではないでしょうか?

そこで今回は、「タクシー会社のコロナウィルス感染防止に関する各種対策において、転職する際の会社選びの判断材料のひとつにすること」について解説します。

この記事に書いてあること

タクシー会社のコロナウィルス感染防止対策の具体例

ドライバーへ転職する際の判断材料のひとつとして、コロナウィルス感染防止の対策にみるタクシー会社の取り組み方を参考にする。

以上2点について、現役ドライバーが解説しています。




タクシー会社のコロナウィルス対策の具体例

タクシー会社にもコロナウィルス感染拡大を防ぐために、道義的な対策をとる責務も求められています。

お客様ならびにドライバーを守らなければなりません。

具体例を紹介します。

 

原則マスクの着用

マスクは会社が準備し、乗務中は原則マスクを着用して、乗務前に一人一枚配布されることになり、在庫はそれほどあるとは思えませんが、今までは自前で任意の着用でしたので、マスクの着用に関しても会社が責任を持つというスタンスになりました。

ドライバーとしても、配布していただけるのは助かります。

 

お客様乗車後の換気の徹底

報道等でもされていますが、換気することにより感染リスクが低くなるということで、お客様が降車された後、窓を全開で走行したり、雨の日は困りますが、車内の換気を従来より徹底するようにしています。

 

アルコール消毒

家庭用のアルコール消毒液を各車両に常備させ、トランクに保管しておき後部座席を中心に除菌をするように指示されています。

手洗い・うがいの徹底

ドライバー自身の感染防止また、健康で仕事に従事できるように、常識的に手洗い・うがいの励行をするように指示されています。





タクシードライバーに転職する際の会社選びの判断材料にする

このような社会情勢になり、タクシー会社を運営する社会的責任もありますが、「何かがあった時に会社は乗務員を守ろうとするのか?」

このようなこともタクシードライバーへ転職する際に、会社を選ぶ一つの判断材料になります。

万が一自社のドライバーに感染者が出て、他の乗客に感染者が出るようなことになると、このご時世、経営陣が猛烈な批判を受けるのは目に見えていますから、それを回避する思惑があるとはいえ、やはり形式的ではあってもドライバーを守ろうといった姿勢のある会社を選んだほうが、長い目で見るといいと思います。

そのタクシー会社のHPで掲載しているところもありますし、会社説明会や面接で聞くこともおすすめします。

全国でタクシードライバーの感染も何名か報道されていることも踏まえて、タクシー会社の本質を見抜き、会社選びをしていただきたいと思います。

 

タクシードライバーに転職をお考えの方へ→求人サイトへ相談!

タクシー会社選びも強力にサポートしてくれる 【タクQ】という、「無料転職支援サービス」のタクシー専門の求人サイトがあります。

東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県・宮城県・茨城県・愛知県・大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・岡山県・広島県・福岡県・北海道 の有名大手企業と待遇と条件の良い優良なタクシー会社のみを取り扱っており、地方の方には上京して面接を受けるための交通費も支給しています。

業界で最大級の入社祝い金が好評で、タクシー会社に入社後も稼げるように手厚いサポートもあります。

まずは、このような業界を熟知したコンサルタントが運営している「タクシー専門求人サイト」で相談をして、自分に合った会社を探すことが大切です。


まとめ:タクシー会社のコロナウィルス感染防止対策の取組み方→転職先の会社選びの判断材料となる

最後にまとめると、

  • タクシー会社もドライバーへの感染リスク低減を目的に、対策を講じている。
  • 現在ドライバーに転職をお考えの方は、コロナウィルス感染防止に関して、社として具体的に対策を講じているかということ ⇒ 何かがあった時に会社はドライバーを守ろうとするのか」も、会社を選ぶ判断材料のひとつと考える。
  • 感染リスクの対策を怠ると、経営陣が批判を浴びるリスクを回避する意味もあるとはいえ、長期的にみれば社員を大切にしている姿勢が見受けられ、そのような会社を選ぶ方が長く勤めることが可能ではないか。

といったところでしょうか。

地方でも感染者が増え続けており、不特定多数の乗客を乗せるタクシーにおいては、感染リスクが他の職業と比較して低くはないです。

転職におけるタクシー会社選びは、表面上だけではなく、会社は社員を大事にするのか?ある程度は守ってくれるのか?

ということも、長く勤める上では必須条件になります。

求人広告やHPでは、キレイごとを並べていても、実態とはかけ離れているタクシー会社も実際に存在します。

そのようなタクシー会社に転職してからでは遅いのですが、他社の新人さんを見ていると情報弱者も甚だしく、なぜもっと詳しい人やタクシー専門求人サイト【タクQ】等の無料転職支援サービスに相談しないのか?理解に苦しみます。

タクシードライバーへ転職をお考えの方は、判断材料のひとつとして見極めていただき、詳しい人に相談しましょう!

タクシー運転手へ転職する求人の「入社祝い金」はいつ貰える?からくりや仕組みを解説
タクシードライバーの求人募集に最近よくある「入社祝い金」。人手不足が深刻なタクシー業界において、人材を集める特典として、就職支度金のような形で支給しています。採用されて入社後に「祝い金」と称して支給されるのですが、2つの出どころがあ...
タクシーへ転職する会社説明会や面接で未経験者がする質問内容とは?求人サイトへの相談もあり!
未経験からタクシー運転手を志すとき、どこのタクシー会社を選んで面接を受けるか、どこの会社に就職したいか、をまず思い悩むのではないでしょうか?ここで大事なことは、自分でなんとなく良さそうな会社を選んで、面接を受けるのは絶対にやめて下さ...



コメント

タイトルとURLをコピーしました