タクシー運転手がチップで稼ぐコツ!具体的な方法と実際の金額を公開

スポンサーリンク
タクシー業界の仕事

タクシー運転手は、時に釣り銭やチップをいただくことがあります。

お支払い頂くときに、「お釣りはいいです」とか「釣りはとっておいて」などと言われる釣り銭と、¥1,000~¥3,000程度のチップ(心付け)をいただくこともあります。

今回は、釣り銭やチップを月にどれくらいお客様からいただくのか?

また、それを稼ぐ方法について解説します。

この記事に書いてあること

お客様から一年間で、チップや釣銭をいただいた金額を公開!

釣り銭やチップで稼ぐ方法

など、現役ドライバーが解説しています。




タクシー運転手にとって「釣り銭=チップ」

お支払い時に「釣りはとっておいて」と言って降車されるお客様は、運転手にとってよくあることで、釣り銭をいただくということは、「チップ」をいただくことと相違ありません。

ちなみに「チップ」とは、規定料金とは別に、サービスを受けたことに対して心付けとして相手に渡す現金のこと(ウィキペディア引用)ですが、この記事では便宜上、上記の釣り銭も含めて、「チップ」とします。

 

タクシー運転手はチップを月にいくらもらえるのか公開!

管理人は、新人の頃から乗務中に、チップの金額や運行全般に関してノートに記録しておりデータとして残しています。

また同僚の運転手は、釣銭やチップをいただくと、別の入れ物にその金額分の硬貨や札を入れておくなどして、その日お客さんからいくらいただいたか、わかるようにしている人もいます。

ですが、運転手の多くは、そのときもらった釣銭やチップをありがたくいただき、その日は覚えていたとしても、記録していなければすぐに忘れてしまいます。

結局、釣り銭やチップをトータルでいくらお客さんからいただいたのか、把握していない運転手も多いのが実状ではないでしょうか?

今回は、2019年の一年間にいくら「釣り銭とチップ」をお客さんからいただいたのか、公開します。

 

【2019年】月別・お客さんからいただいたチップの金額

2019年チップの金額
1月\8,750
2月\6,460
3月\4,130
4月\6,810
5月\4,820
6月\2,690
7月\1,700
8月\4,330
9月\5,670
10月\3,590
11月\5,821
12月¥5,970
合計\60,741
1カ月平均\5,062

細かく計算していくと、「塵も積もれば山となる」で、年間6万円、1カ月平均で¥5,000のチップが、手取り収入としてありました。

管理人は、地方の年収300万円以下のタクシー運転手ですから、都市部の稼いでいる運転手はもっと多いと推測されます。

 

チップで稼ぐコツ⇒丁寧な接客

タクシー運転手がお客様からいただくチップで稼ぐには、ベタですが、毎回ご乗車されたお客様に対して丁寧な接客を心掛ける、これが全てだと思います。

お客様の立場に立った接客態度により、この運転手なら数十円の釣銭ならくれてやる、親切にしてもらったから「コーヒーでも飲んで」と言って100~200円程度なら提供しようなどとと思われることもあるでしょう。

また、近い距離だからこそお客様は、「近くて申し訳ない」という心理になり、ワンメーター~三桁までの近距離客は、千円札1枚渡して、「お釣りはとっておいて」と言われることも、よくあります。

中には、釣り銭と合わせて千円札1枚足して、チップとしていただけることもあります。

ひとつひとつの仕事を丁寧に確実にこなしていくことが大切で、その積み重ねが、手取り収入につながっていきます。

タクシーはワンメーターだと迷惑?嫌がられると思う乗客と複雑な運転手の心理
タクシーの利用者が乗車される際に、あまり近いところでは運転手が迷惑するのではないか?嫌がられるのではないかと思われる方も多いのではないでしょうか?そのような方は、「近くで申し訳ないですが・・・」などと、乗車されてすぐに言われますが、...




タクシー会社によってはチップを受取って上納することも

タクシー会社によっては、お客様からチップを受取っても、運転手は自分の懐に入れることができず、帰庫時の納金のときに、合わせて「上納」しなければならない会社もあるようです。

車内の防犯カメラの映像を観れば、チップの受取りの有無はチェックは可能ですが、そこまでするか!と個人的には思います。

面接や会社説明会で、確認しておきましょう。

タクシーへ転職する会社説明会や面接で未経験者がする質問内容とは?求人サイトへの相談もあり!
未経験からタクシー運転手を志すとき、どこのタクシー会社を選んで面接を受けるか、どこの会社に就職したいか、をまず思い悩むのではないでしょうか?ここで大事なことは、自分でなんとなく良さそうな会社を選んで、面接を受けるのは絶対にやめて下さ...

 

キャッシュレス決済導入による「釣り銭とっておいて」の減少

タクシーでのお客様の支払いは、実際に統計を取ったわけではありませんが、利用者の多い都市部はともかく、地方では実感として現金決済が9割以上です。

また、運転手のサービスに感銘を受けたりして、チップ・心付けを手渡したいとお客様が思ったとしても、現金支払いの場合は、財布を開くので紙幣や硬貨を出しやすく、「釣り銭はとっておいて」と言いやすいですが、スマホでのキャッシュレス決済では、そもそも財布を取り出さないため、別途釣り銭やチップをいただくことは、極めて少なくなることでしょう。

よって、釣り銭やチップをいただくことに関しては、やや減少する傾向にはなると推測されます。

タクシーでの楽天ペイ使い方と手順!使用するメリット・デメリットをドライバーが解説
最近は、政府主導でキャッシュレス化を推進していますが、タクシー業界にも既存のクレジットカードやタクシーチケット以外に、スマホで決済が可能な「楽天ペイ」が使用できるタクシー会社が増えてきました。タクシー会社からすると、スマホ決済は低コ...

まとめ:お客様からのチップはそのまま手取り収入になる

最後にまとめると、

  • タクシー運転手がもらうチップは、一つの目安として、年間6万円・月平均5000円の手取り収入がある。
  • 但し、地域・売上・時期・運転手個人の人柄/話術・良質な客を確保しているかなどにより、大きく左右されるので、一概には言えない。
  • クレジットカードはもとより、○○ペイや電子マネーなどのキャッシュレス決済が徐々に広がりつつあり、運転手のチップの受取り額は減少傾向になると推測される。
  • しかし、日本ではキャッシュレス決済があまり浸透していないため、運転手がチップをいただけることもよくある。

といったところでしょうか。

あらためて計算してみると、一度に釣り銭をいただく金額は少額であっても、塵も積もれば山となり、月間・年間で考えると、それなりの金額になります。

緊急事態宣言の解除後も、売上の減少に伴い、お客様からいただくチップも比例して減少したものの、感染防止のため、現金決済からキャッシュレス決済に移行するかといえば、そうでもないようです。

実感としては、ほとんど変わりません。

一回一回の釣り銭やチップをいただける金額は、少額であっても、トータルで考えると馬鹿にできない金額になります。

管理人が今のタクシー会社に入社した際ある先輩に、

「そのときの一回一回の仕事を確実にこなしていくことが大事。その積み重ねの結果が売上・収入になる」

と言われたことを今でも覚えていますが、釣り銭やチップをいただくことに関しても、そのまま当てはまります。

実際に「塵も積もれば山となる」ので、丁寧な接客を心掛けましょう。

タクシーで万札や五千円札の支払いは非常識?マナーやお釣り・現金決済についても解説!
ご乗車されてお支払いされるとき、1万円札(万札)を出されることはよくあります。最近はSNSで、運転手に万札を出したら釣銭が無いとか、怒られたとかの投稿もあるようで、3か月程前には朝の某情報番組でも取り上げられていたようです。そこで今...




コメント

タイトルとURLをコピーしました